高級な住宅型有料老人ホームとは

5月 9th, 2014 4:21 PM

最近、住宅型有料老人ホームに入居する人が増えてきました。
一言で住宅型有料老人ホームと言っても様々な外観や内装があるので入居を検討する本人や家族がいろいろなところを見比べて決めることがほとんどです。
中には高級な雰囲気のものもあったりして、まるでホテルのようなサービスを受けることができるところもあります。
高級な住宅型有料老人ホームは、どのような人から人気なのかというと、お金持ちでどうせ入居するからには高級なところが良いということで決める人や質の高いサービスを受けることで心にゆとりを持たせたいという家族の意向で入居を決めることもあります。
高級な住宅型有料老人ホームは、施設にもよりますが入居者が施設に帰ってくるとお帰りなさいませというところがほとんどです。
スタッフからのこの一言でホテルや旅館に帰ってきたかのような気分になることができます。
また、建物もかなり高いので入居者の部屋も利用料金に合わせて高いところの部屋ではキレイな景色を見渡すことができるようになっていることが多いです。
住宅型有料老人ホームということで、食事も3食きちんと出てくるし何か緊急なことが起きた時も常駐のスタッフがしっかりと対応してくれるので利用者の家族もいろいろと心配する必要はありません。
心にゆとりを持ちながら、毎日をリラックスして過ごすことでいつまでも健康でいることができます。
また、利用者の間で友達もできたりして時間がある時は一緒に話をして過ごすこともできるので寂しい気持ちになることもありません。

病院併設の有料老人ホーム

5月 9th, 2014 2:49 PM

高齢期に入ると家庭での不安が多くなります。
ここ数年で核家族化が進み、親世代と同居することが少なくなると、今までのように家事が出来なくなった高齢者夫婦や配偶者に先立だれた妻や夫が、有料老人ホームを考えるようになります。
有料老人ホームの形態として、月払いでの清算や一時金払いにて保証金などを預かり、さらに月々負担があるという2つの施設があります。
これは公的な施設と民間経営による施設の違いで、公的であれば8万円から10万円までの負担で生活ができ、ビジネスとしてではなく、自治体などの福祉サービスでの側面が高く、平均的な年金収入で十分に利用できるものです。
問題となるのは、民間企業が経営多角化で行う有料老人ホームで、ビジネスとしての側面を大きく持ちます。
民間が営む施設の場合、比較的費用が高く10万円以上から20万円までの施設が多く、前払いの保証金(契約金や契約保証金などの言い方もあります)として数百万から1千万単位で負担が求められる場合があり、10年までに減価償却をしてしまうようなシステムで、11年目にはそれが返還されないというものです。
民間施設には病院との連携が取れていないところもあり、痴呆や脳溢血などの症状で後遺症が現れると、契約は打ち切られ、施設を出なければいけないこともあるため注意が必要です。
病院併設がされているような施設であれば、医療機関との連携もしっかりとしているので、民間場合の病院併設箇所を検討することが良いでしょう。

有料老人ホームの料金はばらばらです

5月 9th, 2014 2:42 PM

有料老人ホームの料金は、大きく分けると入居一時金、月額利用料で構成されています。
入居一時金は、無料のところもありますが数百万円程度のところが多いです。
入居一時金は一括で払うこともできますが、月額料金に上乗せして支払うケースが多いです。
有料老人ホームによって異なるので、事前に確認しておくべきです。
月額利用料は、食費や電気代など普通に生活するうえで必要になるものの利用料です。
いうまでもなく、料金が安いところには多くの人が集まるので順番待ちになります。
有料老人ホームに早めに入りたい人は、いち早く行動を起こすか、料金が高めのところを探したほうがいいです。
また、どの程度介護が必要かによっても自己負担額は変わります。
介護度が高ければ、自己負担額が高くなります。
将来のことをきちんと考えるならば、きちんとした計画が必要になります。
早い時期に見学をするか、資料を集めて料金を確認することも必要です。
<参考>
ベネッセが運営する有料老人ホーム
有料老人ホームが探せる介護ぱどというサイトです。
ニチイの訪問介護サービス
身体介護や生活支援などの訪問介護を受ける際に便利なサイトです。有料老人ホーム用の貯金をしておけば、困ることがありません。
何も準備していなければ、家族に迷惑をかけることになります。
前もってしっかりと準備していれば、誰にも迷惑をかけることはありません。
有料老人ホームとはいえ、用意さえできていれば支払えない金額ではありません。
必要になる費用は、施設によってばらばらですので家族と事前にしっかりと話し合っておく必要があります。
費用の比較などをしていけば、最適な施設を見つけることができます。